キャッシングローン

キャッシングローン

↓プロミス・アコムに断られた方、ここなら大丈夫↓

 

カードローンとクレジットカードのキャッシング、どちらもお借り入れができるサービスです。
ではキャッシングとカードローン、どちらを利用しても全く同じなのかと言われるとそうではありません。
ここではカードローンとキャッシングの違いについてわかりやすく解説しています。
カードローンとキャッシングにどのような違いがあり、そしてどちらのサービスが最適なのかを確認してみましょう。

 

キャッシングとは、クレジットカードでお金を借りることで、カードローンとは、ローンカードでお金を借りることなんですが、正直同じ気がしますよね。。。

 

実際、お金を借りる際に使用するカード以外に明確な違いがなく、キャッシングという言葉がカードローンでも使われるため、この2つの違いが非常にあいまいになっています。

 

そこで今回は、キャッシングとカードローンの違いやあいまいになってしまった理由についてお話し、状況に応じたおすすめの借入方法もご紹介します。

 

キャッシングはクレジットカードを使って行い、カードローンはローンカードを使ってお金を借りるので、キャッシングとカードローンでは、借入方法が明確に異なります。

 

クレジットカードには、お金を借りるためのキャッシング機能というが機能がついており、それを使ってお金を借りるのでキャッシングと言います。(申込時にキャッシング機能を外すこともできます)

 

消費者金融や銀行でお金を借りる際には、ローンカードという専用のカードが発行されます。それを使ってお金を借りるため、消費者金融や銀行でお金を借りる行為をカードローンと言います。

 

キャッシングとは、金融機関が原則的に無担保・保証人なしで個人に対して行う小口融資のことで、銀行系キャッシング、信販系キャッシング、消費者金融のキャッシングがあります。
融資を受ける場合には必ず審査がありますが、キャッシングの場合は審査時間が早く、当日融資にも積極的に対応してくれる業者が多いため、急に現金が必要になった場合などに大変便利です。
キャッシングの申込みをすると、業者からキャッシングカードが発行されるので、提携先のATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などから自由に現金が引き出せるようになります。
このキャッシングカードは、キャッシング専用のカードもあれば、銀行のキャッシュカードと一体のもの、ショッピング等に利用できるクレジット機能の付いたものなど、サービスは様々です。
中には国際ブランドのVISA、マスターカードなどが付帯しているもの、ICチップのついたEdyなどの次世代カードといったものまで、会員獲得のために年会費永年無料で発行している業者が多くなってきています。

 

新たな規制のニュースが飛び込んできたのは、昨年末のこと。朝日新聞デジタルの記事(2016年12月19日)によると、「日本弁護士連合会は過剰な貸し付けへの規制を求め、金融庁は実態調査に乗り出した」とのこと。

 

その対象は、銀行のカードローンです。

 

キャッシングには大きく分けて「消費者金融」と「銀行カードローン」があります。

 

いまでは当たり前になっていますが、改正貸金業法が完全施行された2010年前後は、銀行カードローンはまだ少なく、これほど知られてはいませんでした。

 

改正貸金業法によって、年収の3分の1以上の融資を受けることができなくなってしまいましたが、これはあくまで消費者金融のこと。

 

消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法と適用される法律がちがうのです。

 

そのため、銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1を超える金額でも借りることができます。

 

これらのカードローンを契約した際に、最初から最高限度額の融資が行われる事は少ないです。

 

他社の借入れ状況も含めて審査され、10万円〜50万円程度の融資からスタートするのが一般的です。

 

その後、延滞なくきれいな取引を続けていくと、銀行側から増枠の案内があるかもしれません。

 

いずれにせよ、審査の基準や限度額の決定は、銀行や保証会社の独自の基準により決定されるため、申し込んでみないとわからないというのが実状です。

 

青森銀行が取り扱うカードローンは「Aキャッシング」「あおたす」の2種類。

 

金利などの条件はほぼ同じとなっていますが、若干違いもあるので、詳しく解説していきます。

 

「Aキャッシング」、「あおたす」の一番の特徴は、申し込みの条件として、青森銀行の預金口座を持っており、青森銀行の営業エリア内に居住していることがあります。

 

 

 

 

お金について

お金のピンチを抱えている方は、キャッシングで切り抜けることができます。

 

例えば、給料日まであと5万円足りないと言う場合でも、カードローンを使うことで、数時間以内にキャッシングが利用できます。また、オンラインキャッシング利用すれば、希望する口座に「即振り込み」ができるので便利です。

 

そのうえ最近では、土日や祝日も審査をしてくれるローン会社が増えているので、平日時間が取れない方でも安心です。
お金のピンチはカードローン&キャッシングで切り抜けられる!

 

92view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

 

お金のピンチ
どんな『お金のピンチ』でも、カードローンとキャッシングさえあれば、大抵のトラブルは切り抜けられます。例えば、カードの支払いが間に合わないという方、急な出費で財布の中が空っぽ…という状態の方でも、カードローンがあれば当日中に「必要なお金」が準備できます。

 

本記事では、カードローンとキャッシングで「どのようにピンチが切り抜けられる」のか、問題解決の具体的な方法を紹介します。

 

目次
1 お金のピンチは、キャッシングで切り抜けられる!
2 カードローンで、他社の返済を間に合わせる
3 ローンで自分や家族の万が一に備える
4 審査が通らない時には「審査の難易度」をチェックする
5 まとめ|キャッシングで、お金の問題を今すぐ解決しよう
お金のピンチは、キャッシングで切り抜けられる!

 

パソコン

 

お金のピンチを抱えている方は、キャッシングで切り抜けることができます。

 

例えば、給料日まであと5万円足りないと言う場合でも、カードローンを使うことで、数時間以内にキャッシングが利用できます。また、オンラインキャッシング利用すれば、希望する口座に「即振り込み」ができるので便利です。

 

そのうえ最近では、土日や祝日も審査をしてくれるローン会社が増えているので、平日時間が取れない方でも安心です。

 

無人契約機ナシでも、即日融資が受けられるように…!

 

以前までは「無人契約機」を利用し、即日融資を受ける方が多かったと言います。しかし最近では、パソコンやスマートフォンさえあれば、自宅にいながらカードローンが契約できるようになりました。

 

また「カード発行が無いローン」も増えているので、よりスピーディーに時間を短縮してキャッシングができるようになっています。

 

このほか、契約専用のアプリ(無料でダウンロードOK)などはリリースされているので、スマートフォンをお使いの方はより早く、ローン契約できるようになりました。